10代の女の子でも脱毛したい!
TOP PAGE > 医療脱毛と脱毛サロン、それぞれ何が違うのか?!

医療脱毛と脱毛サロン、それぞれ何が違うのか?!

医療脱毛と脱毛サロン、それぞれ何が違うかというとまず、医療脱毛は医師や看護師がレーザーを使って施術し、そして、永久脱毛ができるのです。脱毛サロンでは、先述の医療脱毛で使用する様な照射する光が強力な脱毛機器は使用が許されていません。医療脱毛と比べ立とき効果では負けてしまいますがその分、肌の負担と痛みが減るので脱毛サロンの選択をする方もいます。

講習をうけることで誰でも機器を扱うことが可能な光脱毛の施術というのは、脱毛エステサロンにてうけることができるのですが、レーザー脱毛だと医療行為になるので医師免許がない人は施術ができません。

なので、医師のいないエステサロンでレーザー脱毛をすると、違法です。
脱毛器を購入したいけど、実際のところ効力はどうなのか心配になっている人もいるかもしれません。効き目があるのかないのかは、買う脱毛器次第だといえます。破格値の脱毛器は効果がほとんどないこともよくあります。買う前に、本当にその脱毛器を使った人の評価を参考にしてみるのも良い策といえるでしょう。
コラーゲン脱毛というのは、コラーゲンを増やす波長を使った脱毛法で、細い毛や産毛などの、脱毛に適した方法です。脱毛をすると、同時にコラーゲンまで作ってしまおうという美肌効果の高い方法なのです。さらに、光脱毛などを行った際に、コラーゲンパックを行なうケースも、コラーゲン脱毛と呼ぶケースがあるみたいです。医療脱毛は痛いと結構言われていますが、それは本当でしょうか?ハッキリ言うと、脱毛サロンでのケアよりは痛いです。

脱毛の効果がより高いので、脱毛サロンでよく使われている光脱毛といった方法よりは痛みが大きくなって当然と考えて頂戴。脱毛サロンならば、ほとんど痛みを感じずにできるのですが、医療脱毛においては輪ゴムで肌をはじいたような感じの痛みを感じると思います。脱毛願望の女の方の中には、全身脱毛をした方がいい?と迷う人もいるでしょう。また、気になる場所のムダ毛のみを脱毛すればそれでいいと思う方も少なくありません。
しかし、部分脱毛すると他部位の毛が目立って気にかかります。なので、始めから全身脱毛を選んだ方が効率的でお得だと考えられます。脱毛サロンを決めるときには、予約がインターネットでも可能なところがいいでしょう。


インターネットを通しての予約や変更、キャンセルができるならば、とても手軽ですから、予約することも簡単になります。


予約を電話でしかうけ付けていない脱毛サロンの場合、営業時間中の電話が必須になりますから、思わず忘れてしまう場合もありますのではないでしょうか。永久脱毛をうけてツルツル肌を手に入れたいと切望する女性は少なくはないでしょう。しかしながら、実際に永久脱毛を施術されるとなると脱毛料金は幾ら用意しなければならないのでしょうか。美容クリニックなどにおいて永久脱毛の処置は医療用レーザーで処置されます。



そのため、費用も高めになりますが、群を抜いた脱毛効果が得られます。
医療でも使われるレーザーで永久脱毛をすると、悩まされていたむだ毛が殆どキレイに無くなります。


ただ、一度永久脱毛の施術を行っても、半年から一年ほどの時間が経つと、うっすらと毛が生えてくる事があります。目立つむだ毛が無くなっても、このような産毛はどうしても残ってしまうのが残念ではありますのですが、薄い毛なので、自分で手軽に処理できるのです。
脱毛サロンにおいてできるのは、あくまでもムダ毛の伸長を抑制することです。ですので、もし永久脱毛をうけようと思っておられるなら、医療脱毛しか方法は存在しません。

中には永久脱毛を謳っている脱毛サロンも皆無ではありませんが、信じないで頂戴。脱毛サロンにおける医療脱毛は違法行為とされます。

脱毛エステに通う頻度は、脱毛を完璧にしたいなら驚く事に12回以上は通わなければならないと言う事です。
施術箇所、特に腕や脚のような効果が得られやすい箇所だったら、満足する方の中には、5回や6回程の方もいます。



しかし、脇やアンダーヘア等の濃いムダ毛が多いところは、赤ちゃんのお肌の様なツルッとしたお肌にしようとすると、より多くの通院が必要となり、10回以上になるでしょう。脇のムダ毛をなくすには何回通えば効果がわかるのでしょうか。人によって感じ方に差がでてきますが、周りに比べると毛が少なくなっ立と結果を感じる回数は基本的には4〜5回目といった意見の人がたくさんいて、10回行くと見た目から違って見えるといわれているのです。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 10代の女の子でも脱毛したい! All rights reserved.